『一緒に死のう』と呼び出してレイプ!白石隆浩のツイッターアカウント判明...「首吊り士」動物画像で女性ウケ狙いか

−−−−

『一緒に死のう』


白石隆浩が、
「首吊り士」
というTwitterアカウントで

被害女性とやりとりしていたことが、警察の携帯解析で判明しました。

自殺願望のある、悩める女性とTwitterでコンタクトを取り

優しく悩みを聞き
『一緒に死のう』と呼び出してレイプ
し、殺していたのです。

女性をレイプするのが最初から目的で、金銭強奪は副次的なものか。

弱った女性を執拗に狙った手口が明らかになりました。


白石隆浩のツイッターアカウント判明「首吊り士」

白石隆浩のTwitterのアカウントが警察の解析で判明。

(出典:https://twitter.com/hangingpro)

首吊り士Twitterアカウントはこちら
(現在非公開)


リストカット跡、首吊り跡のあるイケメンのイラスト
をアイコンにしており、

「首吊りの知識を広めたい 本当に辛い方の力になりたい お気軽にDMください」

とプロフに書かれています。

あたかも自分が首吊りに関して知識が豊富であるかのよう。

2017年9月に登録されており、白石隆浩が
引っ越してから作成
したアカウントのようです。

首吊り士のアカウントは
現在非公開
になっていますが(警察が操作?)、

残っていたツイートをまとめます。


こういう呟きをし、悩んでる人の
相談を親身なって乗る姿勢
を見せています。

また、「自殺未遂」をして後遺症だけ残り、辛い思いをするのか?

と示唆。現に、自殺に失敗した人は植物人間になり
寝たきりになったり
しているわけですから、

そういうリスクをほのめかせて、「絶対に成功させますよ」と
誘惑
しているわけです。

これをみた女性は、
「一人だと失敗しちゃうかも」
と思うわけですよね。

怖くなって首吊り士に相談にするわけです。

白石隆浩からしたら、

「絶対に楽に死なせてあげるから」

「よかったら一緒に死にませんか?」


と、
自分も死にたい
というのを強調して安心感を与え、

会うまでにこぎつけていたようです。

もちろん会った後は、自宅ですぐにレイプして殺したか、

殺した後に犯したかわかりませんが、

「自殺願望」のある
弱った女性を狙った
悪質な手口です。

そのような弱った女性は、現実で周りに味方がいない場合も多く、

「優しく相談に乗ってくれる」というだけで信頼してしまう可能性も高いですよね。



首吊り自殺の知識についてもツイートしており、

練炭自殺失敗時の後遺症についても解説。


首吊りを勧めているようです。

動物画像RTで”女性ウケ”狙いか

首吊り士のアカウントは、かわいい動物の画像をリツイートしており、

女性ウケを狙った
ものなのではないかといわれています。


こうして女性の警戒を解く狙いがあったのでしょうか。

足がつかないように?「死ぬ前に誰にも連絡するな」

自殺する前に誰かに連絡するのはダメだ、と、

足がつくのを恐れて
かこのようなツイートをしています。


余談ですが、今回白石隆浩の逮捕のキッカケとなったのは、

23歳不明女性の兄が、
妹のアカウントを作って
あげて、

行方不明になった後に妹のアカウントを確認
したからなのです。



普通の人は兄弟にアカウントを教えませんよね?

白石隆浩の自宅に
スマホも持って行くのが普通
ですので、

そこで殺害後、
証拠隠滅
されて終わりです。

今回発覚した時も、アカウントの設定をイジって隠滅しようとしていることが伺えますね。

DMで既読をつけないように設定を変更
したみたいです。

この23歳不明女性の兄が突き止めなかったら、
さらに被害者は増えていた
でしょう。

自殺願望があった女性とはいえ、殺される前にレイプされて金銭もとられて、

どんな殺され方をしたかさえ不明。

「首を絞めて殺した」と供述していることもあり、首吊りではないでしょう。

安楽死できたとは思えません



白石隆浩とやりとりしていた女性

白石隆浩とは会っていないですが、

実際にやりとりしていた女性が、

インタビューに答えています。

自殺願望があった20代女性は、SNSで白石容疑者とみられる男性と知り合った。
番組が紹介したラインでは「まじめに生きていける自信がないし、生きていきたいとも思わない」
「誰かを殺せば、自分が死ぬか刑務所に入るしかないから死ねるだろうとか情けない事考えてる」
とこの女性にメッセージを送っていた。

 

女性が死ぬつもりはないと伝えると、「会いたいよ、、会いたくて死にそう」
「○○の顔見たいな、、」などと誘うメッセージに変わっていったという。

 

また番組の取材に応じた別の女性には「死にたいです。なにかきっかけがほしくて、
○○が死んだら殺人で捕まるでしょうから私も後追いで死にます」と送り、
女性が死ぬ場所はと問いかけると「場所は相武台前という神奈川県の駅の近くになります」
と明かし「私が首吊りをする為だけに借りた部屋があります。
ロフト付きで吊る場所に困らず家族や友人を呼んだ事もない為、間違いなく死ねます」
と送ったという。
番組では白石容疑者のアパートのロフト付きで最寄り駅も一致していると報じた。

この男性は「人とうまくやれる自信や人生の生き甲斐がなくつらいです。
その為に安楽死を勉強してます。私は天国地獄ではなく、転生論を信じてます。
死んだ瞬間に次の命に生まれ変わるのではないかと」とメッセージを送っていたという。



引用元:スポーツ報知


また、番組「ひるおび!」にも「一緒に死のう」と

誘われた女性が出演し、白石隆浩とのやりとりを話した。

「(女性が)殺されるなら、自分が殺したい。
 他の人がやったら殺した後に性的暴行をするかもしれないから」

怖くなって「死ぬことを止めた」と言うと
「自分も死なないことにするから一緒に住もう」


一緒に住んでいたら、

間違えなくレイプされて殺されて
いましたね。

「他の人がやったら殺した後に性的暴行をするかも」と述べていますが、

白石隆浩がもしかして、
殺した後に性的暴行
していたのでしょうか...?

いわゆる屍姦というやつですね。

ゾっとします...。



最後までお読みいただきありがとうございました。

  • 『我が弟子たちへ』貴乃花親方を絶対に応援したくなるワケとは!相撲協会はおかしい?クーデターで分裂か
  • 【日馬富士暴行事件】白鵬が黒幕説!?白鵬のおかしい言動、行動まとめ
  • 貴ノ岩がリンチされたのは八百長をしないガチンコ力士だから?貴ノ岩傷害事件の真相とは
  • 『一緒に死のう』と呼び出してレイプ!白石隆浩のツイッターアカウント判明...「首吊り士」動物画像で女性ウケ狙いか
  • 白石隆浩はバイセクシャルだった!過去にソフレで勤務、ハッテン場に通っていたとの情報も
  • 【座間9人殺害事件】白石隆浩は臓器売買していた?動機は?共犯の可能性は?事件の概要まとめ
おすすめの記事