【スプラ2】大型調整アップデート!1.4.0アプデ後、どう変わる?〜増えそうな武器編〜

みなさんこんにちは!
ついに、10月11日(水)午前10時に、更新データVer.1.4.0の配信が決定しましたね。
こちらのアプデでは、メインウェポンの性能と、スペシャルウェポンの性能、
また、一部ギアの調整が行われる予定で、
特にメインウェポンの調整が凄まじく、ガラッと環境が変わると予想できます。







詳しい調整内容は?

詳しい調整内容に関しては、こちらの公式サイトをご確認頂ければと思います。
アプデの内容は、上記サイトでわかると思いますので、
この記事では、
アプデ後にどう環境が変わるのか
を筆者独自の視点で予想していきたいと思います。



アプデ後、環境はどう変わる?増えそうな武器は

まずは、どの武器でもイカスフィアによるダメージの上昇調整が行われておりますので、
イカスフィアを持つ現状の武器は弱くなり、減る
だろうことが予想されます。

それを踏まえた上で、増えるだろうブキを予想していきます。

ブライムシューター

プライムシューター系の調整内容をみてみましょう。

・射程距離を変えないまま、
弾の速度を約67%速く
しました。
・地上での
射撃のブレを約10%減らし
ました。
・ジャンプ直後の
射撃のブレを約40%減らし
ました。
・射撃中の
移動速度を約10%速く
しました。
・弾が落とす
飛沫の塗りの半径を約2%広げ
ました。

...圧倒的な超強化ですね。
特に目を引くのが、やはり弾の速度を約
67%
速くしました。という部分でしょうか。
これまでより1.67倍のスピードで弾が飛び、さらに射撃のブレも減って、塗りも増え、射撃中の移動速度もわずかながら増えている...
正直なところ、全く別の武器に生まれ変わるといっても良いかと思います。
おそらく、メインインク効率さえ積んでおけば、隙のない武器となるでしょう。
プライム系の武器は増えると容易に予想できますね。

ダイナモローラー

ダイナモローラーの調整は以下の通り。

・ZRボタンを押し続けて塗りながら最高速で進むときの塗りの幅を約13%広げました。
・ヨコ振りを高低差のある場所で行ったときの塗り範囲の減衰を少なくして、
これまでより少し広く塗れる
ようにしました。
・ヨコ振り・タテ振りで、相手のイカスフィアに対して与えるダメージを約60%増やしました。

ダイナモの武器である高所からの塗りが強化されたので、どのくらい変わるかですが、多少増えると思われます。

バレルスピナー

直接的なメイン性能の強化はありませんが、ヒト速の効果が、

スピナータイプ
のブキで射撃しているときの移動速度に対する効果を
約20%
増やしました。
とありますので、これは期待できますね。
射撃時のヒト速度が乗りやすくなるということは、前作により近づいた性能になるということです。

クラッシュブラスター


爆発の半径を約14%
広げました。
爆発による塗りを全体的に強化しました

と、この武器も強化されていますが、半径が増えているということで、実質的に射程が強化されたも同然です。
どのくらい強くなるかですが、使用者は増えると思われます。

まとめ

「アプデ後、増えそうな武器」としては、こんなところでしょうか。
まだまだ強化されている武器もありますが、筆者個人の予想としてはこのような感じになりました。
また、「アプデ後減りそうな武器」についてもまとめますので、よろしければそちらもご覧いただければと思います。


Splatoon2, ゲームの関連記事
  • 【スプラ2】大型調整アップデート!1.4.0アプデ後、どう変わる?〜増えそうな武器編〜
  • 【スプラ2】前作より弱い?ダイナモローラー考察
  • 【スプラ2】ピンキリ武器!?スクイックリン考察
  • 【スプラ2】雷神!ボールドマーカーの立ち回り
  • 【スプラ2】デカすぎる傘!キャンピングシェルターは強い?弱い?
  • 【スプラ2】長距離シューター、デュアルスイーパーの射程
おすすめの記事